>

理想の家を目指そう!

この記事をシェアする

イメージを変えたい!

設備を取り替えたり、間取りを大きく変えるほどでもないけど、家具が部屋の雰囲気に合わない、こんなイメージの部屋にしたいといったことはないでしょうか。
特にプチリフォームを売りにした業者だと、そのような要望にも応じてくれます。
その際、自分のイメージがしっかり担当者に伝わるかどうかがポイントだと思います。

例えば、工事などは一切行わず、カーテンの付け替え、家具や資材の調達のみといったリフォームもあります。
また上記のようなことに加えて、今ある家具や雑貨の配置を変えたりして雰囲気を良くしたり統一感を出したりといったこともリフォームの一環として行ってくれたりもします。
「リフォーム」というより、部屋を「プロデュース」するといったほうがイメージしやすいかもしれません。

家族の在り方に合わせたい!

家族構成に始まり、家族それぞれの生活スタイルなどは、良くも悪くも常に移り行くものです。
そういったニーズに合わせてちょっと手を加えるといったことも、重要なプチリフォームの一つです。

子ども部屋にぴったりの壁紙に張り替えたい。
子どもたちが自立したので、夫婦の趣味に特化した部屋にしたい。
自宅で教室を開くために少し手を加えたい。
両親の加齢に合わせて、バリアフリーを意識した部屋づくりにシフトしていきたい。

このように家族のスタイルの変化に合わせていくことを考えるのであれば、大掛かりなリフォームを一度にしてしまうよりも、プチリフォームを重ねていくほうが、現代の家族の在り方には即していると言えるかもしれません。